コスモトラベルで行く

2014年6月5日
第D回
A
播但線・新野駅水車の郷正法寺熊野神社平左衛門の碑
梅花藻=神河駅=(昼食)割烹”水月” =
福本藩陣屋跡(大歳神社)徹心寺銀の馬車道交流館法楽寺


正法寺
兵庫県神崎郡神河町新野881
隠元の書による”慧日山” の山門扁額は、正法寺が寛文13年(1673年)に黄檗山萬福寺の
末寺の印可状を受け、臨済宗黄檗宗に改宗し、開山に当たり萬福寺から送られたものです。



熊野神社
兵庫県神崎郡神河町新野889番
確か3回目の福崎町にも熊野神社がありました。
ココ神河町にも二ツの熊野神社がありますが・・・

お堂内に古いものらしい絵馬が沢山ありますが、風雨に曝され可哀想

上月平左衛門の碑

兵庫県神崎郡神河町新野
江戸時代、凶作飢饉に度々遭遇し、大被害に見舞われました。しかし年貢の取り立ては
改善されなかったため、地元福本藩民の生活は考えも及ばない過酷なものでした。  
上月平左衛門景重は、その悲惨さを見るに忍びず幕府の役人に直訴しようと訴状を懐に
携え旅に出ましたが、志半ばに役人に捕らえられ、根宇野で斬殺されてしまいます。
その上月氏伝承の地として、公徳碑等が設置されています。


午前の予定は終わりました。心配していたお天気は、何とか持ち堪えていてくれます。


バスが待つ駐車場への途中、用水路に”梅花藻” が



神河町新野から寺前駅を横目に、昼食処”割烹山水” へ向かいます。
兵庫県神崎郡神河町寺前258-1




ページを改めますお進み下さい