澤熊講師と行く・・・2011年2月26日
大辺路の最終回

古くから多くの人々が現世浄土を求めて歩いた祈りの道が熊野古道です。

淀川河口の渡辺津(摂津国)から一路南下、和泉国を経て、雄ノ山峠を越えて
紀伊国に入り、紀伊田辺からは大塔山地周縁部を東進して熊野本宮に至り、
新宮速玉大社・那智大社を結ぶ
紀伊路・中辺路

古くから伊勢神宮と熊野三山を結ぶ交通路で、「伊勢へ七度、熊野へ三度」と
呼ばれた信仰の路が
伊勢路

弘法大師によって開かれた密教の聖地である高野山と、熊野三山の一角で
ある熊野本宮大社とを結ぶ険しい三つの峠越えのある
小辺路・・・と、

ここ数年で歩き尽くた感がありますがましたが、まだマダ残っておりました

そう、それは
大辺路です

大辺路紀伊半島を南に向かって海岸沿いを並行するコースで、田辺から
串本を通り、那智勝浦の補陀洛山寺に至る約120kmの路で、嶮しい難路もあり
ますが、潮風に吹かれ雄大な太平洋を望む路は、信仰と観光を兼ねた参詣道と
して海と山が紡む豊な自然と歴史を満喫する事が出来る熊野古道です。



長井坂〜橋杭岩 2007/09/22
草堂寺〜富田坂 2008/03/04
串本〜補陀落山寺 2011/02/26
0 0




熊野道一覧