澤熊講師と行く 2011年9月4日

伊勢参宮本街道 〔第D回〕
初瀬・長谷寺〜榛原駅〜墨坂神社〜岩清水〜仏隆寺のわかれ





長谷寺



桜井から宇陀に至る現在の西峠は、神武天皇が東征の際に大和に踏み入った場所として知られます。西峠(墨坂)には赤くおこした炭が置かれ、侵入を防ぐために待ち受けられていたと伝えられます。




榛原駅前の『鳥見山中霊畤阯』とは・・・
鳥見山は、奈良・榛原の北方に鳥が大きく羽根を広げたような稜線が鳥見山です。霊畤(れいじ)は、「まつりの庭」の事で、新天皇が即位後最初に行われる新嘗祭・その新嘗祭を行う場所を、霊畤と言います。
初代・神武天皇が皇祖天神を祀った山…大嘗祭が日本で最初に行われた場所が、鳥見山・山中の鳥見の霊畤なのです。




墨坂神社
崇神天皇が大和の流行病を鎮めるため、
墨坂の神と逢坂の神を祀ったと伝えられます。



弘法大師爪書き不動尊




次回、6回目は9月23日