澤熊講師と行く 2011年9月12〜16日・4泊5日

日本百名城シリーズ
北海道
函館の五稜郭〜松前城〜根室半島シャチ跡群
(4日目・A) 根室・納沙布岬・ヲンネモトシャチ〜釧路



日本の本土最東端
納沙布岬
地名の由来は、
アイヌ語の「ノッ・サム」(岬の傍ら)から、
本来は岬の傍らにあった集落の名前
かつてこの岬や海峡を舞台に幾人もの冒険者たちが
見果てぬ夢を追いかけました。

 高田屋嘉兵衛 淡路島生まれで江戸後期の豪商
箱館を根拠地として択捉島、国後島、根室などに漁場を開発。
 松 浦 武 四 郎 江戸時代から明治時代にかけて北海道をはじめ、
千島・樺太などをくまなく探検
 ラ ク ス マ ン 最初のロシアの遣日使節。鎖国中の日本と通商を求めるべく
ロシア皇帝エカテリーナ2世の命を受けた使者
 リ ン ド バ ー グ    アメリカの飛行家。大西洋横断無着陸飛行に成功
1931年、水上飛行機で千島列島を経て根室港へ寄港

日本が返還を求めている領土、北方四島
択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島
目と鼻の先です。


納沙布は、北海道で一番早い日の出としても有名です。




根室半島シャチ趾群
ヲンネモトシャチ
辺鄙な場所です…
百名城に選ばれてなかったら
来ない場所でしよう。
城跡・砦の痕跡は皆無です。




予定の行程はすべて終了しました。
釧路へ引き返し4泊目の夜を過ごします。


根室駅は根室本線(花咲線)の終着駅



ページを改めます

お進み下さい