笠取峠の松並木
長野県北佐久郡立科町
笠取峠 の松並木は、近世五街道の一つ 中山道芦田宿の西方1km地点から 笠取峠にかけて
約2kmにわたっている。言い伝えでは慶長七年頃、公儀より赤松苗753本を小諸藩に下付され
近隣の村むらへ人足が割り当てられ小苗を植え付けたとされ、幕末まで手入れ・補植等管理さ
れていた。現在総数72本の松は、いずれも樹齢が150〜300年以上経たもので、その景観は
往時の中山道を偲ばせている。




茂田井・間の宿
望月宿と芦田宿の間に位置する 茂田井間の宿。
土蔵造りの 町並みや、元禄時代から続 く老舗の
酒蔵が残っており.情緒ある町並みを楽しむことが
出来ます。


茂田井宿の大澤酒造で試飲


ページを改めます

次は望月宿