熊野御幸記を歩く
〔最終回〕
熊野御幸記とは
建仁元年(1201)十月、後鳥羽上皇の熊野御幸に随行した藤原定家
の旅行記の原本で、記録的には定家の日記「明月記」の別記的性格
をもつと共に、史上著名な熊野詣での代表的史料でもあり、
国宝に指定されています。




スタートは、新宮速玉大社




阿須賀神社































ページを改めます

お進み下さい。