2014年11月23日
古城散策


阪急高槻高槻城
十三駅阪急池田
池田城JR川西池田JR北伊丹
JR北伊丹
有岡城阪急伊丹


天神橋筋六丁目駅(11:15発)・阪急京都線=
高槻市駅(11:41着)高槻市駅で進行方向の
右(東)に出て、徒歩10分で高槻城です。


高槻城跡
高槻城は、又の名を"入江城"とも呼ばれ、室町時代は
入江氏
の居城であったが織田信長に滅ぼされ、その後
和田惟政、次いで高山右近が城主となり、
天正元年(1573年)から本格的な城塞が築かれます。
豊臣氏滅亡後は
内藤信正が城主となり、以降高槻藩の
藩庁として用いられた。
内藤氏の後は
土岐氏松平氏岡部氏、永井氏とたび
たび城主が入れ替わりました。
明治7年(1874年)に廃城となり、東海道線が敷設される
際に、石垣や木材などがその資材にあてられました。
現在、城域の一部が城跡公園として整備されました。


歴史民俗資料館



ページを改めますお進み下さい